Mac のバックアップ方法としてはmacOS に標準で備わっているバックアップアプリケーションがある。それがTime Machineだ。Macを使用しているユーザーであれば誰もが聞いたことがあるだろう。今回はTime Machineを暗号化して保存したい場合の方法を伝授したいと思う。macOS Mojaveを使用。

バックアップについて色々と投稿しているので合わせて読んでいただけると幸いだ。

バックアップを暗号化する必要性

そもそもバックアップは必要なのか。ということだが、答えはYes。スマホでもPCでも写真や動画データなどはすべてその中に収まっている。ハードディスクであろうとSSDであろうといつかは必ず故障する。大切な写真は2度と戻らないのだから当然バックアップは必要なのだ。
バックアップが大切だということは理解していただけたと思うが、それでは暗号化はなんで必要なのか。別に暗号化なんてしなくたっていいじゃないか。ということもわかるが、実は暗号化も必要なのだ。なぜならバックアップ先のハードディスクなりSSDなりというものもいつかは故障するからだ。故障して使い物にならなくなったら破棄するだろう。その際、生データのまま破棄して万が一それを再生されたらどうなるだろうか。写真や動画、メールの中身やアドレスなど全部盗まれることになる。挙げ句の果てにカード番号と共にIDとパスワードも盗まれてしまったら一巻の終わりである。だから暗号化は必要なのだ。

Time Machineとは

Time MachineはmacOS標準のバックアップアプリケーションだ。そのため、バックアップアプリケーションを別途用意する必要はない。
Time Machineの設定はいたって簡単。バックアップ先である外部ディスクを選択して開始するだけだ。外部ディスクはUSB接続でもNASでもなんでもよい。バックアップの開始時間も世代管理も全て自動で行われる。ディスクが一杯になったら古いデータから削除されて繰り返しバックアップされていく。
バックアップ対象はデフォルトで全てのファイルが対象になる。除外したい場合は別途選択することもできる。
また、仮に新しいMacを購入したとしよう。新しいMacにTime Machineに使っていた外部ディスクを繋げてバックアップを復元することにより、今まで使っていたMacの環境がそっくりそのまま新しいMacに移行できるのだ。

暗号化の手順

Time Machineの設定に外部ディスクを選択したとき暗号化するチェックボックがある。そこをチェックするだけで暗号化できる。ただし、そこには落とし穴がある。暗号化に時間がかかるのだ。バックアップを初めて行った時はフルバックアップが行われる。すなわちデータを全てバックアップしていくのだ。暗号化はデータ量にもよるが2、3日はかかるだろう。

そこで外部ディスクをフォーマットする際、フォーマットを「Mac OS拡張(ジャーナリング、暗号化)」を選択しよう。このフォーマットにすると通常のファイルコピー操作でも暗号化されてデータがコピーされる。
フォーマット時にパスワードが聞かれるので適切なパスワードを設定しよう。注意しないといけないのはパスワードを忘れてしまうと復元できなくなるので必ず忘れないようにすることだ。
このフォーマットにしておけばTime Machine のバックアップ作成でも暗号化にはそれほど時間がかからない。
また、ディスクを選択するときに暗号化のチェックをしておくこと。チェックを外すと暗号化されないので必ず暗号化にチェックすること。

フォーマットの種類

余談だがMacのフォーマットには複数用意されている。迷った方はこれを参考にしてほしい。

SSDにはAPFSを選択する。最近のMacはAPFS(暗号化)でフォーマットされているはずだ。ただSSDではなくハードディスクでもこのフォーマットを選択することは可能だ。

ハードディスクはMac OS拡張(ジャーナリング)を選択する。Time Machineはこのフォーマットしか対応していない。外部ディスクをTime Machineとして使用するときは必ずMac OS拡張(ジャーナリング、暗号化)を選択しよう。

そのほかに、MS-DOS(FAT)も選択可能。これは、MacにWindowsをインストールしたときにも外部ディスクをMacでもWindowsでもファイルの読み書きが必要な時に便利だ。
ただし、このフォーマットには容量に制限がある。32GB以上はフォーマットできないのだ。ディスクサイズを32GB以上にしたい場合は、exFATを選択する。

まとめ

Time Machineを利用するときは、あらかじめ外部ディスクをMac OS拡張(ジャーナリング、暗号化)でフォーマットしてからTime Machineを暗号化して運用しよう。