7月12日の夜、前触れなくいきなりMacBook Pro 2018年モデルがAppleより発表されました。

いつもなら毎年行われているWWDCやApple Special Event などで発表されるのですが、今年はそういうイベントではなく普通の日に突然発表されたので驚いている方も多いのではないでしょうか。6月のWWDCに間に合わなかったといううわさもありますが、さてどうなのでしょう。

今回新しいモデルが発売されてのはMacBook Pro だけです。ほかのMac はアップデートされていません。

新型MacBook Pro の変更点をまとめたのでご参考にどうぞ。

外観

そのMacBook Pro の外観は2017年モデルと変わりありません。大きさや重さも全く変わりません。基本的にはマイナーアップデートといえるでしょう。

唯一違いが判るとしたら、2017年モデルはUSB Type-Cポートが側面片側2つだけだったのに対し、2018年モデルは両側に2つづつあるということです。

両側に付いていることでケーブルを取りまわして繋げる必要がなくなったということですね。これは地味な点ではありますが意外にうれしいアップデートです。

アップデートのポイント

2018年モデルにはすべて『Touch Bar』が搭載されています。『Touch Bar』無しモデルは残念ながらアップデートされていません。13インチには『Touch Bar』無しモデルが発売されていますが、これは2017年モデルが引き続き発売されているということになります。

ポイント
最新の第8世代Intel Coreプロセッサ搭載
15インチモデルでは最大32GBのメモリまでカスタマイズ可能
15インチモデルでは最大4TBのSSDまでカスタマイズ可能
第3世代バタフライキーボード
True Tone ディスプレイ搭載
T2チップによりセキュリティが向上『Hey Siri』にも対応

なんといってもPro の名に相応しいカスタマイズが可能になったということですね。15インチモデルに限ってですが、カスタマイズを最大にするとなんと70万円オーバー!

さすがにそこまで思い切って購入できる人はプロの現場で使用する人たちに限定されるとは思いますが。

最新の第8世代Intel Coreプロセッサ搭載

13インチモデルではデュアルコアからクアッドコアに変更されています。15インチモデルではクワッドコアから6コアへ変更。そしてカスタマイズでCore i9 に変更も可能になっています。

15インチモデルでは2017年モデルよりも最大70%速度アップ、13インチモデルでは最大2倍速いということです。

・13インチモデル
第8世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ標準搭載
第8世代の2.7GHzクアッドコアIntel Core i7プ‍ロ‍セッサにカスタマイズ可能

・15インチモデル
第8世代の2.6GHz 6コアIntel Core i7プ‍ロ‍セッサ標準搭載
第8世代の2.9GHz 6コアIntel Core i9プ‍ロセッサにカスタマイズ可能

15インチモデルのCore i9 は排熱問題により本来のパフォーマンスが出ないという報告があります。Core i9 はプラス 33,000円ですので、この報告をどう受け止めるかはあなた次第ということになりますが、購入前に十分検討した方がよさそうです。

最大32GBのメモリ

13インチでは標準で8GB 2,133MHz LPDDR3のメモリを搭載しています。正直8GBは少ないと感じていますが、使い方次第ということになりますね。13インチモデルではメモリはアップグレードされていません。DDR3は2017年モデルと同じです。

13インチモデルは外に持ち出してカフェなどでメールを見たりインターネットをしたりという使い方を想定しているものと思います。だから標準で8GBなのかなと。それならMacBook でいいじゃないかと言えますが。そこはやはりPro も持っていることに優越感というものがあるのです。

メモリは後から追加することができなだけに、予算に余裕があるのであれば、16GBにカスタマイズすることをお勧めします。

15インチモデルでは標準で16GB 2,400MHz DDR4のメモリが搭載されています。2017年モデルがDDR3だったのに対してDDR4にアップグレードされています。そして最大32GBのメモリにカスタマイズ可能です。

ビデオ編集やVRに重たいゲームなどする人にとっては最大32GBまで増設できることはうれしいですね。

最大4TBのSSD

ストレージについて13インチモデルでも15インチモデルでも標準で256GB SSDストレージ となっています。

macOSはWindows より軽いため256GBでも十分です。ただしアプリケーションや写真、動画など大量に貯めていればそれだけで減っていきますので、外部ストレージに退避させることをしなくてはいけなくなるでしょう。

例えば外に持ち出したときに写真やデータなどが必要になったとき、クラウドに保存しなくてならないでしょうしクラウドと通信も必要になります。

そうすると通信費もかかりますので、やはりできるだけ多くのストレージがある方が望ましいのです。

利用する用途をイメージしてカスタマイズしてみてください。できれば512GBのストレージはほしいところです。

私の場合、外でこのブログを書いたり、カメラで撮った写真を一時退避用としてMacを活用する程度なので、ストレージは256GBにしています。

13インチモデルは最大で2TBまでカスタマイズ可能。ただしプラス154,000円!そして15インチでは最大4TBまでカスタマイズ可能ですが、なんとプラス374,000円!!

4TBあればずいぶんと余裕がありそうですね。潤沢な予算を持っている方は4TBを選択してみてはいかがでしょうか。

第3世代バタフライキーボード

キーボードの種類はいくつかあるのはご存知でしょうか。以下に挙げたのは代表的なキーボードの種類です。

・メカニカル式
・メンブレン式
・パンタグラフ式

メカニカル式はキーひとつひとつに対して電気的なスイッチが設けられており、それゆえに高価です。打鍵音があるのも特徴です。青軸とか茶軸、赤軸などあり、打鍵音や打ちかえりの反応などがそれぞれ異なります。

私はWindows では青軸のメカニカルキーボードを利用していて、打鍵音は結構うるさいです。でもパンパンという音が好きなのであえて青軸を使用しています。

パンタグラフ式はノートPCなどで多く採用されているキーボードです。薄く製造できるのが特徴です。

そしてバタフライキーボードはパンタグラフよりも薄くキーストロークも浅いのが特徴です。2015年モデルのMacBook から採用されておりますが、いろいろと不具合が発生しているようです。

ほこりがたまってキーが打てなくなったなどとしてアメリカでは集団訴訟にも発展しています。そしてそれを改良したのが第三世代というわけです。

ほこりがたまらないようにシリコンで覆ったようですが、そのおかげでパチパチという打鍵音が無くなりました。

静かなカフェでキーを打つときは慎重に打っていたのですけど、第3世代バタフライキーボードのおかげで回りに気を使わなくてすみそうです。

True Tone ディスプレイ搭載

True Tone ディスプレイというのは周辺の光に応じてディスプレイの色と明度を自動的に最適な状態にしてくれる技術です。

どんな状況下でも白色は白色に見えるようにしてくれるのです。

実はすでにiPhone X やiPhone 8 or 8 Plus 、iPad Pro にも搭載されているものになります。今回初めてMacBook Pro にも採用されたことになります。

ただし、プロの現場でキャリブレーションして常に最適な状態でモニターしているような場合ですと、かえって悪影響がありますので、その場合はTrue Tone をオフにすることもできます。

T2チップによりセキュリティが向上『Hey Siri』にも対応

T2チップはすでにiMac Pro に採用されているチップです。このチップでデータを暗号化するためセキュリティが一層向上するわけです。

このT2 チップはHye Siri に対応してるため、MacBook Pro に話しかけていろいろ調べ物をしたりすることも可能になりました。

結局、13インチ?15インチどっち?

結局、13インチモデルを買った方がいいのか、それとも15インチモデルを買った方がいいのかということになりますが、私の個人的意見として、外に持ち出さないし写真現像やビデオ編集などもするのであれば15インチモデルをお勧めします。

ビデオ編集するには最低でもメモリは16GB必要です。それゆえに標準で16GB搭載の15インチモデルをお勧めします。

ちなみに13インチモデルから16GBにカスタマイズした値段220,800円(税別)で15インチモデルの標準が258,800円(税別)なのです。その差38,000円でCore i7 6コアに15インチモニタが手に入るのならやはり15インチモデルかなと。

それに対して外に持ち出してMacBook Pro を使用したいと思っているのなら13インチモデルですね。なにしろ、15インチモデルは1.83kg もあります。2kg 近いのはかなり重く感じます。13インチモデルは1.37kg で15インチモデルよりは軽いです。

15インチモデルと書いたのはやはり1kg 超えると重く感じるということです。1.37kg の重さが重いと感じられるのであれば、素直にMacBook もしくはMacBook Air を検討してはいかがでしょうか。

まとめ

13インチモデルにのみ2017年モデルのToch Bar 無しモデルが並行販売しています。価格は安いため旧型でもいい、またはToch Bar は不要と思っている方は2017年モデルのToch Bar 無しモデルも検討する価値はありそうです。

価格検討してどのモデルを買うかはMacBook Pro で何をしたいかによりますが、2018年モデルは買いだと思いますよ。