2018年9月13日 日本時間の午前2時より行われたApple Special Eventにて新型iPhoneが発表された。発表されたiPhoneは3機種。iPhone XS、iPhone XS Max、そしてiPhone XRだ。どれもホームボタンは撤去されノッチ(切り欠き)がある全面ディスプレイタイプだ。
XSとXS Maxの違いはディスプレイの大きさにある。またXSとXS Maxは有機ELディスプレイなのに対しXRは液晶ディスプレイとなっている。
3機種と8Plusのスペックと価格を比較してみたので参考にしてほしい。

スペック比較

まずは下図の比較表を見てほしい。基本的なスペックを比較した表になる。この表でわかることは何かと言うと、前モデルのiPhone Xは完全にiPhone XSに置き換わっているということだ。細かな部分ではスペックが上がっているが大きな違いはほぼ見当たらない。現にAppleはiPhone Xの販売は終了している。
iPhone Xユーザーはより大きなiPhone XS Maxを選択するか、もしくは今回は見送ったほうがいいだろう。

iPhone のスペック比較

サイズ比較

次にサイズだ。各モデルを並べてみたので大きさがわかりやすいだろう。iPhone XS MaxはiPhone史上もっとも大きなディスプレイであるにも関わらず、本体サイズ的にはiPhone 8 Plusより若干小さい。もしiPhone 8 Plus や7 PlusなどのPlus ユーザーであれば、iPhone XS Maxの大きさは苦にならないだろう。ただし上下にディプレイが伸びたことによって、片手での操作が一段と難しくなったかもしれない。

iPhoneのサイズ比較

価格面

問題の価格面だ。下表を見てほしい。2017年モデルは発売当初のApple Store直販での価格である。現在は値下げされている。この価格は全てにおいてApple Store直販のSIM フリー版であることに注意いただきたい。
各キャリアから販売されているiPhoneは条件付きではあるものの、通信料金を割引くキャンペーンも行なっているので各社をチェックしてほしい。ただ、総務省からの指示で以前のような大きく割引くことはできないので過度な期待はできない。
iPhone XSおよびXS Maxは全モデル共に10万超えだ。とくにiPhone XS Maxの最上位機種ともなると税込み177,984円だ。これはMacBook Pro が購入できるくらいの値段になってくる。

SIMフリー版 iPhone 料金比較表(税別)

まとめ

さて、ここまで比較をしてみたのだが、新しいiPhoneを買う気になったであろうか。
私が思うに、iPhone Xユーザーは買い替えは控えたほうがいいのではないかと思う。なぜなら大きなイノベーションが感じられないからだ。もちろん潤沢な予算があってより大きいXS Maxが欲しい人は購入するのはいいと思うが、そうではない場合、来年まで待つことも大事かと思う。
では、iPhone 8、8 Plus やそれ以前のモデルを持っているユーザーはどうか。今のiPhoneの支払いを終えているのであれば、お財布と相談して新しいiPhoneを手に入れてみるのもいいかもしれない。きっと感動が待っていると思う。ただし高額であるということに気をつけて欲しい。この先、2年3年と長く使うことを考えて行動したほうが良さそうだ。なぜなら、この先もAppleの高級志向は変わらないと思うからだ。

私とiPhoneの付き合い

余談だが、私が初めてiPhoneを使用したのは、日本で最初にiPhoneが登場したiPhone 3Gからだ。そのころのiPhoneは動作が重く、地図アプリが出ても全く反応しなかった記憶がある。
それがスムーズに動作するようになったのは、iPhone 3GSからだった。それ以来、iPhone 4、iPhone4s、iPhone 5s、iPhone 6 Plus、iPhone 7 Plusと買い替えてきた。間が空いている時期もあるが、新しいiPhoneが出るたびに感動を味わいたく購入してきたのだ。
しかし、iPhoneも洗練されCPUも強力になり、今のiPhoneでも十分満足だと感じるようになってきた。あるいは、ワクワク感が薄らいできたとでもいおうか。
ところがiPhone XS Maxは久々に所有欲が湧いてきた。あのゴールドの光沢感は美しい。
このようにワクワクしている時が1番幸せなのかもしれない。