iPad ProのSIMフリー版にUQmobileを契約する方法と理由を簡単に説明する。なぜSIMフリー版なのか。iPad Pro を室内で使って家のWi-Fiに接続するのなら何の問題もない。しかし、それではiPad Proの魅力が半減されてしまう。そこでSIMフリー版 UQmobileというわけだ。その理由は以下の通り。

iPad Pro 2018 モデル

iPad Proには下記のモデルがある。11インチも12.9インチも同じだ。
・Wi-Fi版
・各キャリア版(docomo, au, Softbankで取り扱い中)
・SIMフリー版

Wi-Fi版は量販店などでも販売されており気軽に手に入ることができる。各キャリア版はdocomoやau, Softbankのショップで販売されていて、購入と同時にキャリアとの契約が必須だ。
そして最後にSIMフリー版。これはApple Storeのみ販売されている商品だ。

Wi-Fi版

Wi-Fi版を野外で利用するとなると下記の通信が必要になる。LTE通信ができないため使い方は限定される。
・公衆無線LAN
・テザリング
・ポケットWi-Fi
・通信しない

公衆無線LANは駅とか空港、またはコンビニなどの施設で無線LANを利用できる場所がある。そこに行って利用する方法があるが、当然ながら活動範囲は限られる。

テザリングやポケットWi-Fiを利用することも考えられる。最近のiOSはテザリング元となるスマートフォンの操作が不要でiPad Pro側からの操作のみで接続できるので便利ではあるものの、やはり接続操作が億劫だ。
また、テザリングはキャリアによっては有料となっている。docomoは無料。

いっそのこと通信しないということも考えられるが、それではiPad Proを持っている意味がなくなりそうだ。

各キャリア版

docomo, au, Softbankで販売されているiPad Proは全てキャリア版となる。つまり購入先のキャリアと契約しないとLTE接続できない。そもそも契約前提であるため契約無しでは購入すらできない。

ただし、通信を割引くサービスもあるが複数年契約が前提のため、docomoは2年、auやSoftbankに至っては3年である。途中解約すると高額な違約金が発生する。

3年も同一端末を使い続ける自信があるならそれでもいいが、そうでなければよく考えた方がよさそうだ。

各キャリアには独自の長期保証も別料金である。毎月保証料金を支払い続けている限り落下や画面割れなどにも対応してくれる。その点、安心して外に持ち出せるだろう。

SIMフリー版

SIMフリー版はApple Store限定の商品だ。SIMフリー版を手に入れるためにはApple Storeで購入するか中古を手に入れるしかない。
Apple Storeとはいっても実店舗以外に通販でも購入できるので実店舗が無い地方でも簡単に手に入れることは可能だ。

SIMフリー版の魅力は、いわゆる格安SIMと呼ばれているMVNO(SIM事業者)を選択できるということ。
これには大きなメリットがいくつかある。代表的なものとしては、
ひとつはキャリア版のような縛りが無い。または短い。これはSIM事業者によりまちまちなので各自で確認してほしい。
もうひとつは通信費が3分の1に減るということ。これもSIM事業者によって料金プランが変わるので確認してもらいたい。

デメリットもいくつかある。
SIM事業者によっては通信速度が出ないこともある。
iPad ProのLTE設定を自分で行う必要がある。
保証が無いためAppleの2年保証を購入しなくてはならない。
などなど、

デメリットも多いが、それでもしっかり調べて割り切って考えればSIMフリー版の方が得策と考えている。

なぜUQmobileを契約したのか

数あるSIM事業者の中で私が契約したところはUQmobile。あの独特なCMでご存知の方も多いと思う。

UQmobileにはタブレットなどで使用できるデータ通信専用プランがある。それがデータ高速プランだ。データ高速プランは3GB/月で余った通信は翌月まで繰越ができる。
また、回線はauを使用しており実測値でダウンロード134Mb/sが出た。環境やその日の状況にも影響される思われるが、docomoは59Mb/sなので、その違いは歴然だ。

データ高速プランの料金は月額980円(税抜)。docomoが3GBまでのベーシックパックで毎月の総額6,000円(税抜)。月々サポート2,187円を引いたとしても毎月3,813円かかる。その差3分の1以下だ。

このように通信費を抑えて毎月の負担を減らすためにはSIMフリー版+MVNOに契約することが一番よい。

UQmobileの契約から開通まで

UQmobileを契約するためにはWEBから申し込むか、または実店舗での申し込みとなる。また、通常だと事務手数料3,000円(税抜)がかかるが、それを無料(値引きといった方が正確か)にすることもできる。

普通にWEBから申し込むと事務手数料3,000円がかかるわけだが、実はAmazonからエントリーパッケージを購入すれば事務手数料は無料となる。エントリーパッケージは現時点で500円で購入できるため正確には2,500円分得するというわけだ。

このパッケージにはSIMは付属していない。パッケージに書かれている専用のURLから入り、同じくパッケージに書かれているコードを入力すると事務手数料は無料となる。

iPad ProはナノSIMであるため、申し込み時にナノSIMを選択しプランはデータ高速プランを選択する。

そのほか、個人情報の入力と毎月の支払いカードを入力する。さらに公的証明(運転免許証など)の画像をアップロードする。これが不安と感じる場合、格安SIMではなく、大手携帯キャリアに申し込んだ方がいいかもしれない。

契約の申し込みが完了すると即日SIMカードが送られてくる。

SIMを挿入しただけでは開通しない

iPad ProにLTE通信できるようにするためにはAPNを設定する必要がある。この設定はプロファイルをインストールすることにより自動的にAPNの設定が完了できる。
各社MVNO毎に専用のURLからプロファイルをダウンロードしインストールすれば晴れてLTEが開通する。

UQmobileはiPad Proを正式なサポートリストに載せていない。しかしiPhone6以上のプロファイルをインストールすれば問題なくiPad Proでも使用可能だ。

これで、外出先でもiPad Proを利用することができる。

まとめ

UQmobileには1GBプランは存在しない。LINEの1GBプランでもいいかなとも思ったが、やはり多少安心な3GBを選択した。1GBプランだと他社で500円前後である。

さて、これからこのiPad Pro × UQmobileでどうするか楽しみだ。


iPad Proのレビューです。


こちらの記事も合わせてどうぞ。