今さら感はあるが、iPad Pro 12.9 インチ用のSmart Keyboardを試してみたので、レビューを兼ねて感想を投稿する。その結果、早く買えばよかったと後悔した。

【良い点】
・カバーも兼用しているので持ち運びに便利
・iPad Proから給電するので充電する必要が無い
・Smart Connectorにより付けてすぐ使用できる

【残念な点】
・2万円近くするので高くて購入するのに躊躇する
・高級感が今ひとつ
・色が一色しかなく、その色にがっかり

外観

外観はAppleらしい丁寧で上品な仕上がりになっている。このキーボードはカバーも兼ねているため、iPad Proの画面を覆うような仕組みになっている。カバーは本革製ではないため高級感こそあまり感じられないが、しかしながら安っぽさもない。

キーボードとしては税込2万円というのは、Windows PC のメカニカルキーボードでも高い方に分類されるくらいの値段だ。そういう意味ではもう少し高級感が欲しいところだが、そこは好みによるだろう。

キーボード部分はゴミやホコリ、水などが入り込まないように、特殊なファブリックにレザーアブレーションと耐水コーティングが施されているようだ。

Apple はユーザーがカフェで使用することを完全に意識して作ったと思われる。

キーボード

キーボードはキーピッチが19mmのフルサイズのキーボードだ。打ち間違いや打ちにくいということはほどんどない。

ただ、キーのサイズそのものは15mmと小さい。MacBook Pro のキーサイズが17mmなのでMacBook Proのサイズに慣れてしまうと初めは打ちにくいと感じるかもしれない。

キーストロークは浅いものの、打鍵感はカタッカタッとしっかりしたものがあり少々硬めだ。

筆者は強めにタイピングする方なので打鍵感があるのはありがたい。

また、USキーボードを好んだ使用しており、このSmart KeyboardもUS仕様を選択した。Macの場合、USキーボードでローマ字と日本語を切り替えるときは「control」+「スペース」キーで切り替えるのだが、Smart Keyboardの場合は地球儀マークのキーがあり、そのキー1つで入力切り替えが可能となっている。これは嬉しい限りだ。

使い方

初めて使用する場合でもなんの問題もなく使用できた。ただ単に iPad Pro を接続するだけだ。設定も不要。ペアリングも不要。電源スイッチも無い。

そうは言っても、固定された体制で打ち続けなければならないので、多少キツイ部分もある。

ショートカットキーも使えて便利だが、アプリのショートカットキーがわからない場合は、「command」キーを長押しすると、アプリのシュートカットキーの一覧が表示されるので便利だ。

どんな人に向いているのか

iPad Proで書き留めることを使用しないユーザーはキーボードを買う必要はないだろう。

それは、映画鑑賞やイラスト製作、もしくはゲームしかやらないというユーザーはこのSmart Keyboard は不要だ。

ブロガーや執筆者、学生、仕事で使用する、日記を毎日書いてる、などのユーザーであれば購入することを検討してみてもいいかもしれない。

ソフトウェアキーボードより遥かに便利で快適なキータイピングができるはずだ。

ただしiPadの性質上、マウスが使えない分、文字列を選択するときは面倒くさい。しかしコピー&ペーストといった編集はキーボードショートカットキーが使えるので断然便利だ。

そういった意味では、とにかく文字を書くという作業に特化すれば断然効率が上がるだろう。

Bluetooth キーボードはどうなのか

それならBluetooth キーボードを選択してもいいじゃないかということになるのだが、確かにBluetooth キーボードでも利用は可能だ。だから、お気に入りのBluetooth キーボードがあるのであればそれを選択しても勿論よい。

だが、iPad Pro とBluetooth キーボードを別々に持ち運ぶのは意外とツライものがある。以前、筆者もBluetooth キーボードを持ち歩いていたが、キーボード自体重かったせいもあって数ヶ月で断念した経緯がある。

まとめ

筆者の場合、 MacBook Proを持ち歩いて色々とノートを取ろうと思っていたのだが、やはり 13インチともなるとその重さはズッシリくる。

そこでiPad Pro + Smart Keyboardということだ。

それにiPad Pro のcellular版であれば、外出先でも自由に通信ができるのでMacBook Pro よりも自由度は増す。

とは言え万人向けではなく残念なところもあるSmart Keyboard だが、iPad Proでノート代わりに書き留めたいと思っているユーザーにはオススメしたい商品である。