ふじさわ江の島花火大会は毎年秋に行われ関東でも屈指の人気花火大会です。約3000発の花火は夜の湘南海岸を色鮮やかに彩り最高のデートを演出するでしょう。
今回はその最高な1日を過ごしてもらうために、江ノ島の観光スポットとともに花火大会の絶景スポットもご紹介します。

花火大会はいつ行われるのか

ふじさわ江の島花火大会は毎年10月に行われます。花火といえば夏の風物詩ですが、ふじさわ江の島の花火大会は秋に行われます。

ですが、実は江の島の花火大会は夏にも行われています。夏に行われる花火大会は江ノ島納涼花火大会といって、秋に行われるふじさわ江の島花火大会よりも規模が小さいです。

秋の3000発に対して夏は1200発の花火が打ち上げられます。打ち上げ場所は同じなのですが、規模としては秋の方が大きいのです。

2018年は8月21日に行われたようです。「ようです」と書いたのは夏の花火大会には行ったことがありません。

打ち上げ場所

花火の打ち上げ場所は小田急江ノ島駅から近くの海岸沿いです。見学は湘南海岸からでもいいのですが、できれば江の島から見る方が絶対ロマンティックです。
花火の絶景スポットは後ほどご紹介します。

江の島

そもそも江の島が分からないという方に、簡単に江の島のご紹介をします。

江の島は神奈川県藤沢市の南にある小島です。周囲約4キロメートル、面積0.38平方キロメートル。この小さな島は日本でも屈指の観光地として知られています。
江の島は湘南海岸に位置し夏は海水浴やサーフィンなどで賑わっています。

さらに江の島は猫がたくさんいることでも知られています。江の島を歩いていると何十匹も遭遇します。
人に慣れているので、撫でるとごろごろにゃーっと甘えてきてとても可愛いです。

江島神社

江の島には江島神社という鎌倉時代から祀られている神社があり、その歴史は意外と古いです。日本三大弁天の一つに数えられています。
昔の人も江の島の魅力に惹かれていたのでしょうね。

江の島からの富士山

そして江の島からでも富士山を見ることができます。
江の島からの富士山は絶景です。よく晴れた日でないと富士山を拝むことはできませんが、夕焼けに輝く富士山の姿は雄大です。
私は何度も江の島に足を運んでいますが富士山を拝めたのは数回しかありません。

江ノ電

江の島といえば江ノ電です。鎌倉から藤沢まで走っている路面電車なのですが、海岸沿いを走るので景色はとてもいいです。のんびり走る江ノ電に乗って湘南の海を眺めながら癒されてみてはいかがでしょうか。

ただし、休日の江ノ電は激混みです。何回か始発の鎌倉から乗ったことがありますが、改札を通るまで小一時間は並びました。

再び江の島

さて、江の島の入り口に着いたら岩屋に向かいましょう。なぜなら岩屋が花火絶景ポイントだからですよ。岩屋までは近道もあるのですが、せっかくなので商店街を通って行く方が楽しいですからね。

途中、江島神社で参拝することをお忘れなく。

岩屋までに行く道のりに色々なお店が並んでいます。お土産やさんや食堂や休憩どころなどお楽しみどころ満載です。ぜひとも時間に余裕を持って行動することをお忘れなく。

【要注意】花火大会の日は超混みます。どれだけ混むかというとこんな感じです。まったく進みません。早め早めの行動をとりましょう!
できれば午前中に江の島に到着するくらいの方がいいですね。本当に!

商店街を抜けて急斜面の階段を下った先に太平洋の雄大な海原が姿を現します。初めて江の島に行って岩屋に行ったのなら絶対感動します。

絶景です。
何百年も前からこの景色を見て感動している人々がいるのですから地球の雄大さにあらためて感動します。

江の島には岩屋という洞窟があります。長い歳月を経て波の浸食でできた岩屋は、第一岩屋(奥行152m)と第二岩屋(奥行56m)から成ります。

料金はおとな500円と有料ですが、暑い夏に行くと涼しくて気持ちがいいです。

海が荒い時はこんな感じです。ずぶ濡れにならない程度にお楽しみを。

さて、色々と遊んでいるうちに日が暮れてきました。花火大会の絶景スポットはここです。富士山が見える場所です。前で陣取らなくても後ろの方でも花火は十分綺麗に鑑賞できます。座りやすいところを確保しましょう。

岩屋の場所

改めて岩屋の場所と花火の打ち上げ場所を地図で確認します。

いかがでしたでしょうか。少しでも参考になれば幸いです。

ちなみに花火終了後の帰り道はとんでもなく激混みです。岩屋から駅まで2時間は見たほうがいいです。まったく進みません。

並ぶよりはそのまま居て、夜の江の島を堪能してはどうでしょうか。晴れていれば星空も都内に比べると綺麗ですよ。

最後に

江の島は花火大会だけでなく通常の日でも十分満足いただける島です。

一度、江の島を訪れてみてください。その素晴らしさは生涯忘れることはないでしょう。