2018年12月1日、ついに4K8K放送が本スタートしました。現行のフルハイビジョンを超える超高精細な画質で映像が配信されます。
まだ始まったばかりですが、2020年夏に行われる東京五輪に向けて4K8K放送は現行フルハイビジョン放送に置き換わる映像配信となるでしょう。
そこで、今回は東京五輪までに準備すべきことをまとめてみました。

4K8Kの解像度

まずは4K8K放送の概要について説明します。そもそも4Kや8Kというのは解像度を示したもので、Kはおよそ1000の意味になりフルハイビジョンは1920×1020でおよそ2K(約200万画素)ということになります。4Kは3840×2160(約800万画素)、8Kは7680×4320(約3300万画素)ですので4Kの8倍ということになります。
図で表すとここまで違いがあることがわかると思います。

それでは解像度による違いは見た目どうかわるのか。EIZO社でイメージ図が公開されています。小さなモニターで見ると違いはわからないと思いますが、リビングなどに置く大画面テレビでは、その違いが顕著に現れてきます。

出典 EIZO
よくわかる、HDR徹底解説! HDRとは | EIZO株式会社

その他、解像度だけではなく下記のような映像表現が可能になっています。

  • 広色域
    約1677万色から10億色。グラデーションがより自然に。
  • 最大120pのフレームレート
    これは1秒間に120コマで表示できことを表しています。スポーツなどの早い動きに対して滑らかな映像でみることができます。ちなみに現在は1秒間に30コマです。
  • HDR(ハイダイナミックレンジ)
総務省のホームページより

総務省|4K放送・8K放送 情報サイト|4K8Kとは 4K8Kの魅力

このようにして解像度だけではなく様々な新しい技術によって美しい映像で見ることができるのです。

総務省のロードマップ

ちなみに総務省の4K8Kに対する政策は下図のようになっています。つまり東京五輪に向けて本格的に開始するということのようです。そして4K8Kテレビもそれに向けて普及させていくということです。
現在のフルハイビジョン放送も継続して視聴できるようですのでご安心を。

総務省ホームページより

総務省|4K放送・8K放送 情報サイト|新4K8K衛星放送を受信するには

4K8K視聴で必要な機材

それでは4K8K放送を視聴するには何が必要なのでしょうか。下記にまとめました。

  • 4K8K対応テレビ
  • 4K8K対応チューナー
  • パラボラアンテナ

4K8Kテレビ

まずは最低限必要なのは4K8Kに対応したテレビです。これが無いとなにも始まりません。現在はまだまだ高価ですが五輪イヤーの春には相当値下げされていると思います。
とはいえ、8Kテレビが必要かというと必ずしも必要ではないと感じています。なぜなら8Kの恩恵を受けられるのは100インチ位の大画面だからです。50インチ程度のテレビでは4Kも8Kも違いはわからないでしょう。
現時点で8Kテレビを発売しているのは国産ではシャープのみです。


4K8K対応チューナー

多くの方々が誤解されている点として、現在発売されている多くの4K対応テレビは4K8Kチューナーを備えていないということです。つまり現行のフルハイビジョンチューナーしか備わっていません。
最近になってシャープと東芝で4K8Kチューナーを内蔵したテレビを発売していますが、ソニーやパナソニックなどはまだ発売されていません。
来年から徐々に発売されると思いますが、4K8Kチューナーを内蔵していないテレビはそのままでは4K8K放送を視聴することはできないのです。
4K8Kチューナーを内蔵しているかどうかは、購入時に販売店の店員に確認した方がいいでしょう。
もしすでに4K対応テレビをお持ちの場合でも別途4K8Kチューナーを購入すれば視聴可能になりますのでご安心ください。

パラボラアンテナ

最後に必要な機材はパラボラアンテナです。それはBS/110度CSパラボラアンテナです。
「お、うちにあるから大丈夫だな・・・」と思われた人もいると思いますが、残念ながら現在使用しているBS/110度CSパラボラアンテナでは左旋に対応していないので4Kの一部の放送しか視聴できません。
BS/110度CSは現行の右旋の周波数に加えて左旋の周波数で電波を送信しることによりチャンネル数を倍増しています。そのため、右旋のチャンネルだけ視聴する分にはいいのですが左旋にチャンネルも視聴したい場合は交換が必要です。
さらに3224MHzに対応していない同軸ケーブルや混合器、分配器、ブースターなども交換が必要です。

総務省ホームページ

総務省|4K放送・8K放送 情報サイト|新4K8K衛星放送を受信するには

ケーブルテレビ

今までのような地上波はななく衛星波になるので、山間部とかビルの間にある自宅でも視聴できる可能性は高くなります。
ですが、現在ケーブルテレビで視聴しているご家庭ではどうなるかというと、そこはケーブル会社でも当然4K8K放送に対応すると思います。テレビの買い替えは必要かもしれませんが、パラボラアンテナを購入して新たにケーブルを結線する必要はないので、工事費を考えた場合、ケーブルテレビ会社の対応を待ってもいいと思います。

まとめ

いかがでしたか。すでに4K8K放送は始まっています。
半世紀ぶりの日本で行われる夏五輪に向けて今から準備しておく価値はありそうですね。
それと、忘れてはいけないのは、五輪を記録しておきたいので4K8K対応ブルーレイディスクレコーダーも必要ですね。
そうすると、あと1年半で機材を準備するのは結構きつそうです。
ですが、今からでも遅くはありません。来年、再来年の購入や工事を目指して貯金しておきましょう。