日本時間の2018年10月30日 23時から始まったApple Special EventはCEOのティム・クックが長い間アップグレードを控えていたMacBook Air の新型発表で幕を開けました。

正直、MacBook Air を先に持ってくるとは思っていませんでしたが、うわさ通り新型を持ってきました。$1,199で 11/7発売ということです。

その進化はRetina Display、Thunderbolt 3、T2チップ搭載でSiriやTouch IDなども可能で第3世代バタフライキーボードを搭載し、CPUはMacBook Pro 2018 と同じく第8世代のCoffee Lakeです。まさにMacBook Proに凌ぐほどの機能強化でした。

うわさでは新型iPad Proばかり注目が集まっていましたが、この発表を見たらこのイベントの目玉はMacBook Airではないかと思うほどのアップグレードでした。

続いて発表されたのは新型Mac miniです。こちらも長い間アップグレードされていませんでした。機能強化され標準価格$799で同じく11/7発売

MacBook Air もMac mini も強調していたのは100%リサイクル可能なアルミニウム加工ということです。

そしてこのイベントの目玉とうわさされていた新型iPad Proがティム・クックによって発表されました。うわさ通りホームボタンは廃止されベゼルは狭くなりました。iPhone Xシリーズのような切り込みはありません。CPUはA12X Bionic 搭載です。iPhone XS やXRのA12 Bionic ではなくA12X Bionicです。

ですが、想像していたよりはベゼルは狭くなっていないという印象です。

縦に持った時の上下のベゼルはかなり狭くなりましたが、横のベゼルは今と同じような印象を受けました。

当然ながら12.9インチは画面サイズは変わらず本体の大きさは小さくなっています。厚みも少しだけ薄くなっており、前モデルは丸みをおべていましたが、新型iPad Pro は丸みがありません。

Face ID 搭載で指紋認証に変わって顔認識になっています。また、Type-C が搭載されました。

Apple Pencil も新しくなりました。Apple Pencil 全体がマグネットに覆われているのかiPad Proの側面にくっつくようです。

そして新しいiPad Pro用キーボードも発表されました。

Type-CによりiPad Pro から外部ディスプレイもサポートされ、いよいよ次世代のPCに置き換わる第一歩になったと感じます。それはディプレイだけではなく様々な機器に接続できるということです。

そして発表はAdobeにバトンタッチされフルスペックのPhotoshopがiPad Pro に対応しているところがデモされていました。

それから続くiPad Pro の怒涛の推し発表です。やはりティム・クックは新型iPad Proを最大の発表と考えていたようです。

11インチは$779、12.9インチは$999でMacBook Airと同じく11/7発売です。

さあ、今回のApple 製品怒涛の新型発表で、あたなは心惹かれたところはあるでしょうか。

私は次世代のMac Pro の新型を待ちわびるだけです。